top of page
アイコン3.png

パルってこんなところ

こども図工室パルは、1980年から続く絵画・工作教室です。​静岡県西部で教室展開をしています。

エリア:湖西市・浜松市・磐田市・袋井市・掛川市

 

ゲームやメディアも楽しいけど、やっぱり自分でイチから作るって、特別なことですよね。のびのび描いたり、うーんと悩んだり、どんどん作ったり。それはとってもかけがえのない、そして二度と戻ってこない宝物のような時間です。型にはめて、杓子定規に教えるのではなく、こどもの自主性を大切にした指導を行っていきます。テクノロジーが進化・普及していく世の中において、「自分のちからで想像する・産み出す・表現する」のはまさに、生きるちからそのもの。

こどもの成長に重要とされるSTEAM教育の“A”の部分「Art」をパルで思いっきり楽しみましょう!

DSC_0632.JPG

テクノロジーが進化・普及していく世の中にこそ、アナログな基礎を学ぶ場は必要

絵画造形教室に通っている子と聞いてどんな子どもを想像するでしょうか?
絵がめちゃくちゃうまい子?画家を目指している子でしょうか。実際、PALに通う子どもたちに将来の夢を聞いてみると、アスリートや宇宙飛行士、学校の先生…などあらゆる夢を語ってくれます。もちろん、図工の延長線上ともいえる漫画家、デザイナー、ゲーム開発などの声も多数。PALで図工を学ぶ子たちが見つめる未来はバラエティに富んでいます。
未来でどんな大人になるにせよ、大切なのは自分で考え、信じて突き進む力を持つことです。急速なデジタル・AIの発達により便利になった一方、情報過多で受け身になりがちな現代。子どものうちからアナログなものの仕組みや自分の手でイチから創り出すことを学ぶ意義は計り知れません。
“自分で考える・創造する・表現する・振り返る。”
どの工程も、この先進学したり社会に出たときにとても大切なものです。
パルキッズたちがレッスンで作っているのは目の前の作品だけではありません。
これからの新時代に自分のカラーを思う存分描いて突き進んでいける、そんな自分の「未来」に、こどもたちの作品は繋がっているのです。

のりまつ.jpg

こども図工室PAL

代表 乗松もえこ

bottom of page